最近のこと

最近下書き記事が増えるばかりです。
まとまりのあるものをすらすら書けるようになりたいなぁ。

今年の秋は終物語と掟上今日子の備忘録を継続して観ています。あと、えとたまの再放送も。
そのほかちょっとずつ見た番組もあるけど、時間のゆとりのあるときに一気見したいなーというところです。
あとはテガミバチの最終回に(ノД`)・゜・。となったり、あやひーのアルバムや関連雑誌を買って(*´▽`*)となったりしています。

f:id:monikoiri:20151202000320p:plain

 

ドラマ掟上今日子の備忘録は毎週ほんとに楽しみにしています。
楽しめているのは物語シリーズ刀語の時のように原作を先に読んでいないからかもしれません。
続終物語?の時に付いてきた一話分と、立ち読みした漫画家のお話しか知りません。
厄介は最初の頃しか出てこないよ、とか、サンドグラスはドラマオリジナルだよとか教えてもらってはいますが、私は新垣さんと岡田さん演じる二人の行く末を見守りたいです。

キービジュアルが公開されたときは地雷を予感したというのに…←
(ビブリアの二の舞になると思っていました)

私がこのドラマが好きなのはやさしい世界~って感じがするからかな?
登場人物に嫌味がありません。

また、見せ方もすきです。毎回ガッキ―の太ももサービスカットがあるというのもあるにはあるのですが、文字で見せてくるところです。
物語シリーズをリアルタイムで見続けてきて、今では「西尾維新の映像作品では文字演出と多めのモノローグがあって当たり前」という意識が私の中では出来上がってしまっています。なのでアニメ化ではなく実写化でもそれが反映されることで、なんだかすんなり入り込めました。見やすいです。
ドラマの制作さんはシャフトさんのを参考にしているんだろうか。

あと、主題歌もいいなって思いました。
西野カナさんの「No.1」。恋愛の歌だし、なんで?と思ってました。
6話の登場人物と歌の中に出てくる人の、ものの考え方ががっちりはまってて。手のひら返しました^o^
6話の中学生は歌詞みたいに恋に悩んでいたわけじゃないけど、「恥ずかしい思いをしたくない!」「ハラハラする気持ちを抱えるくらいならそれを消してしまった方がいいんじゃないか」という気持ちを抱えているところが見事にシンクロしていました。

 

掟上今日子の備忘録|日本テレビ

 

 

広告を非表示にする