シンフォギアライブ2013のすすめ

急に歌うよ〜でお馴染み、戦姫絶唱シンフォギアがニコ生で一期、二期の一挙放送だけでなく、ライブまで放送されるそうですよ。なんて太っ腹なんでしょう。

 

 
このライブは熱量が画面を挟んでもすっごく伝わってきます。
そして、観ている方も熱さをいつの間にか共有してしまいます。

熱さの理由の一つがキャストとキャラクターのシンクロ率が高い!ことです。
もともとキャラクターと声優で、類似点をもつ方もいますが、キャストがキャラクターの人間性を理解して、寄り添い近づこうという思いがすごいのです。
分かりやすいのは衣装なので、ちょっと紹介します。
 

 

マリアと翼(日笠陽子さんと水樹奈々さん)

不死鳥のフランメのイメージしたお衣裳で登場です。マリアさん猫耳ヘアーもばっちりです。


アニメ本編のような振り付けはありませんでしたが、炎の演出があったり、二人が向き合って歌ってくれたり、日笠さんと奈々さんのぶつかり合う歌声に序盤からすごい盛り上がりです。 

 

雪音クリス(高垣彩陽さん)

赤と白を基調にしたデザインでの登場です。襟や腰回りにクリスちゃんのらしさがでています。くつのリボンも再現されていますよー。このライブ衣裳はなんとあやひ―本人がイラストを描いて、さらにデザイナーの手が加わってできたものなのだそうです。髪飾りは普段着のクリスちゃんがつけているものに似せています。

変身バンクの「ばぁ~ん☆!」も観れます。 
「教室モノクローム」の振りも後ろの映像と連動してました。


マリア・カデンツァヴナ・イヴ(日笠陽子さん)

日笠さんの長い足もいかされた、黒いガングニールをイメージした衣装です。なかなかの再現度です。
「Dark Oblivion」では第1話の冒頭PVのようなかっこよさでしたし、
MCではただのやさしいマリアを感じさせました。笑  


暁切歌と月読調(茅野愛衣さんと南條愛乃さん)

キリしらコンビはバラエティーコーナーとライブコーナー共に衣装を合わせています。二人とも色違いのカーディガンに白色のリボンのアクセサリーを付けていて、切歌と調のなかのよさを表現してくださってます。
また、かやのんは切歌の縞々ニーハイをスカートの柄に取り入れ、南條さんはツインテールに挑戦しています。

 

ライブパートのお衣装も、対になるデザインです。それぞれのイメージカラーもしっかり取り入れています。リングや髪飾り、ブレスレットがお揃いです。


お二人のパフォーマンスも素晴らしかったです。
南條さんは調のさりげなさを思わせるフォローをかやのんにしていたし、
なにより第4話の「チャンピオンに」「挑戦デス!」を再現にめっちゃ高まりました。
かやのんのイケボが聴けるのはシンフォギアライブだけ!
 
小日向未来(井口裕香さん)

1期では緑色のイメージだった未来さんは神獣鏡のカラー紫で登場。
未来さんみたいなハーフアップの髪型をしてます。
「歪鏡・シェンショウジン」では呪い殺すように、
「かばんの隠し事」では明るくあたたかく、ばっちり切り替えてうたを届けました。
どちらも響への愛をうたってます。 

 

立花響(悠木碧さん)

白・黄色・オレンジの衣装をまとい、登場です。
響のマフラーが再現されているのがポイント高いです。

そしてあおちゃんの歌は熱量が半端ないです。まさに響としか。
あおちゃんのパフォーマンスを観てから、響のキャラクターソングCDを流しても物足りなく感じてしまうようになったのは、きっと私だけではないはず。
それくらい力、というか魂がこもっています。
響きはあおちゃんじゃないと。

 

風鳴翼(水樹奈々さん)

天羽々斬のシンフォギア装者、水樹奈々さんは和も意識した衣装です。サキモリらしいかっこよさです。襟があるとシンフォギア度がぐっと高まる気がします。 

先輩は本当に先輩です。抜群の安定感でソロコーナーの締めにふさわしいです。

 
キャラクターとシンクロしてたのは装者だけではありません。
ちょっと写真に写っているあの人もこの人もこだわっていて、正直びっくりしました。
終始シンフォギアの世界観がとても大切にされているイベントだと思います。
まだまだ魅力見どころたっぷりなので、ぜひ、未視聴の方には7月7日のニコ生で観てほしいです。
 
 
広告を非表示にする